難関大学を目指す受験生のためのオンライン授業【入会金・年会費無料】

0120-231-226平日10:00~20:00
土日祝10:00~18:00 (年末年始除く)

東大を3度受験。学研プライムゼミを受講した2度目の受験の際、合格者平均よりも高い得点を獲得することができていたため、3度目は自信をもって東大の日本史対策を学研プライムゼミに絞って学習することにしました。予習・復習を効率よく行い、その分で生まれた時間と心の余裕をほかの科目の勉強に費やすことができ、志望校合格を果たせたと思います。

受講講座

学研プライムゼミをなぜ受講しようと思いましたか?

浪人することが決まったときにリサーチの結果、東大の日本史では野島博之先生の授業が評判がいいと知り、学研プライムゼミを受講することにしました。塾や予備校での対面授業は緊張感があり、すぐに質問できるというメリットがある反面、移動など無駄な時間もかかってしまいます。その点映像授業は、自分のレベルにあった内容を選択して自宅で受講できるのが魅力的でした。

受講した講座のどこが良かったですか?

実際に野島先生の授業を受けてみると評判通りで、日本史の本質を教えてくれること、予想問題の質が高いことに驚きました。また東大日本史への分析力が高く、この授業を受けていれば大丈夫という安心感も大きかったです。映像授業では直接講師に質問ができない分、わからない箇所を繰り返し見たり、自分で何度も考えたりすることで理解が深まるというメリットがあると思います。

学研プライムゼミを視聴する日はどんなスケジュールでしたか?

受験勉強の息抜き方法は?

1時間勉強したら10分程度の休憩をとるように心がけていました。体を動かすのが一番自分にとって息抜きになるので、勉強机の横で筋トレをすることが多かったです。もう少し長く休憩したいときは、20分ほど英語のラジオを聞きながらリスニングをかねて散歩にでかけることも。インターネットでいろいろな勉強法や息抜き法を調べましたが、どれが合うかは人それぞれ。一般論を鵜呑み(うのみ)にせず、自分で一度やってみて納得のいくものを取り入れるようにしていました。

後輩へのメッセージ

学研プライムゼミは知名度がある先生が多く、授業内容への信頼度が高いので、初めて映像授業を受ける人にもお勧めです。質がとても高いので、コスパは悪くないと感じました。 受験は自分との戦いであると同時に、最後は他人との戦いでもあります。長い受験勉強期間に「ライバルは自分」と考えすぎてしまうと、どんどん気持ちが追い込まれてつらくなってしまうかもしれません。他人と比較することは、モチベーションを上げやすいというメリットもあります。冷静な視点をもって勉強法や時間を工夫し、他の受験生との差別化をどう図るかを考えるようにすると結果がついてくるはずです。

内藤広武さんが受講した

おすすめ講座

東大日本史

野島博之先生

東大日本史で出題されるあらゆる問題に対して、質の高い答案を生み出す力が身につきます。

合格体験記

【無料】会員登録で今すぐ無料映像を体験

※無料会員特典映像は講座によって異なりますので、詳しくは会員登録してマイページでご確認ください。

資料請求のお申し込みはこちら
0120-231-226
無料会員登録で今すぐ映像体験