原稿用紙の使い方

お役立ちBOX

原稿用紙の使い方

原稿用紙の使い方

1マスに1文字ずつ、丁寧に楷書(崩さない字体)で、書きましょう。
また、論述の場合と、要約の場合では、原稿用紙の使い方に違いがあるので、注意しましょう。
違いについては( )で示しますので、参照してください。


  • 題名

    ほとんどの場合、何について書くかは問題文で指示されているので、題名を書く必要はありません。特に題名をつけるように指示されている場合のみ、指示に従って書きましょう。


  • 書き出し

    一番はじめの書き出しと、段落のはじめの書き出しは1マスあけます。 「(カギカッコ)などの記号ではじまる場合でも、1マスあけ、「を2マス目に入れて書き出します。〈要約の場合:書き出しの1文字アキはしません。〉


記号の使い方

  • (1) 次のような記号には、原則的には1マス使います。
    (句点)
    (読点)
    - (ハイフン)
    「 」 (カギカッコ)
    『 』 (二重カギカッコ)
    • ただし、論述の場合、次のような例外があるので、注意しましょう。〈要約の場合:このような例外なし。常に1マス使うこと〉

    【例外1】句読点(、や。)、閉じカッコ(」や』)が行のはじめのマスにきてしまうとき
    → 前の行の最後の文字と一緒に1マスに入れます。
    (ただし、例外の例外があります。最終行最終マスだけは一緒にしません。他の場合と同じように1マスに一緒にしてしまうと字数オーバーとみなされるので、注意しましょう)

    【例外2】句点と閉じカッコが続くとき
    → 句点と閉じカッコを一緒に1マスに入れます。

  • (2) 「」と『』の使い分け方

    会話文や引用文は、「 」でくくります。引用文の中の会話文や、書名は『 』でくくります。

    (3) 次のような記号は使用しないのが基本

    !(感嘆符)?(疑問符)…(省略や余韻を意味する点線) これらの記号は使わずに、文章で表現しましょう。

    × ~なんて! ◯ ~ことに驚いた。
    ×~? ◯~だろうか。

  • 数字の使い方

    • 縦書き原稿の場合は漢数字(一、二、三…)、横書き原稿の場合は英数字(1、2、3…)を使うのが原則です。
    • 漢数字の場合、「十・千・万・億」のような位を表す漢字を入れて表記しても構いません
    • 英数字の場合、2文字以上ならば、1マスに2文字ずつ入れます。
    数字の使い方例

  • アルファベットの使い方

    • 一般的に、大文字は1文字1マス、小文字は2文字1マスに書き、単語と単語の間は、1マス空けます。縦書き原稿の場合は、アルファベットを横に寝かせます。
    • ただし、固有名詞化していることばや慣用表現のアルファベット表記は、縦書き・横書きにかかわらず、アルファベットを縦にして大文字で書き、1文字1マスに入れます。
    アルファベットの使い方例

  • カタカナの使い方

    外来語は、カタカナ表記するのが原則です。


  • 段落分け〈要約の場合:段落分けは不要です〉

    段落の始まりは、必ず改行します。また、段落の書き出しは1マスあけます(「書き出し」参照)。


  • 字数制限について

    字数制限のある小論文(ほとんどの場合、がこれに当たります)、指定文字数を1文字でも超えることは許されません。また、最低限、指定文字数の8割以上は使いましょう。例えば、「800文字以内」との指定がある場合、640文字以上は書きましょう。