保護者のみなさまへ

医学部合格を目指す受験生の保護者として、知っておきたいこと、日ごろ心がけていたいことは山ほどあります。
『学研医学部ゼミ スタンダード』は、そんなあなたの強い味方になりたいと願っています。

医学部受験に必要な費用

医学部受験を前に、保護者として気になるのが受験に必要となる費用や学費です。受験料は、センター試験では18,000円、国公立大は17,000円(横浜市立大は22,000円、大阪市立大は30,000円)、私立大は大学で異なるが50,000円~60,000円。センター試験利用入試は30,000円~40,000円。志望校が遠方の場合は交通費や宿泊費も必要です。私立大学を複数併願する場合、その合計費用はかなりの額になります。

医学部受験に必要な費用

さらに、晴れて合格となれば、入学金、授業料、施設設備費、実験実習費などを含む学費が必要となります。「入学金」は、国立大が一律の282,000円。公立大は多くが設立自治体の出身者とそれ以外で差をつけているが、国立大と同額程度のところから900,000円近くまで。私立大は、200,000円~2,000,000円。「授業料」は、国立大が一律535,800円、公立大は国立大と同額程度。私立大は、700,000円~4,100,000円です。

施設設備費、実験実習費、教育充実費、諸会費などは大学・学部で大きく異なりますが、これらを合計した初年度納入金総額は、国立大が817,800円+諸会費程度、公立大は800,000円~1,100,000円程度。私立大は3,227,800円~12,015,000円となっています。

私立大の入学手続き時平均納入額をみると6,865,065円とかなりの金額が必要になります。

授業料などの学費は2年次以降も卒業まで必要となります。入学から卒業までの学費総額を概算してみると、国公立大は平均して約3,600,000円ほどですが、私立大は最も安い大学は18,680,000円、最も高い大学は48,515,000円。学費以外にも教科書代、実習用機械器具代、実習衣代、学外実習費用、共用試験費用などの就学費が必要となり、これらは大学によって異なります。

「医歯薬受験ガイドブック 2018年度版」(学研プラス)

医学部の学びの特色

医学部のカリキュラムは、一般教育、基礎医学、社会医学、臨床医学で構成され、各大学では、卒業までに最低限履修すべき教育内容をまとめた「医学教育モデル・コア・カリキュラム」をベースに、工夫を凝らしたカリキュラムを編成しています。2023年から国際的な基準で評価を受けた医学部の卒業生でなければアメリカでの医療に従事できなくなったこともあり、グローバルスタンダードに則ったカリキュラムを編成するようになりました。

医学部の学びの特色

6年間の標準的なカリキュラムは上図のようなものですが、一般教育は、幅広い教養や語学を学ぶほか、医学教育にスムーズに対応できるように、生物学、物理学、化学など専門教育を受けるための基盤となる知識や考え方も習得します。また、早期医学体験実習で実際の医療現場を見学・体験し、病棟看護体験実習でチーム医療の重要性を認識させるケースも多いです。

「医歯薬受験ガイドブック 2018年度版」(学研プラス)

お子様との接し方

お子様との接し方

受験において必要なことは、学力だけではありません。志望校合格には、正確な入試情報を知り、明確な目標を立てること、メンタルコントロールを行うこと、規則正しい生活を送ることが重要です。しかし、これらすべてをお子様一人で完璧に実行することはとても難しいです。そこで必要となってくるのが、保護者のみなさまのサポートです。

“医学部受験はお子様の頑張りはもちろんですが、
保護者のみなさまのご協力も必要となります。”

しかしながら、「最新の入試情報がわからない」「医学部受験に必要なことがわからない」と不安を抱えている保護者の方も多いと思います。学研医学部ゼミスタンダードには、そうした保護者対象講座がございます。本講座は、お子様を医学部合格へ導くためのコーチング講座です。お子様を効果的にコーチングし、医学部合格に必要な学力・体力・精神力を身につけさせ、親子で医学部合格を目指しましょう。

保護者対象コーチング講座とは

保護者のみなさまへのメッセージ

河本敏浩先生

倍率5倍ならば平穏、約10倍は当たり前、試験方式によっては50倍となる試験も珍しくないのが、現代の私立医学部受験の実体です。ゆえに多浪に落ちさせない、なるべく早くどこかの医大、医学部に合格させたい、そういった保護者の方の心配は、他学部受験の受験生を持つ保護者には絶対に分からない押しつぶされそうなほどの苦しみをもたらします。本講座は合格通知をもたらす最短距離の道のりとその処方箋を示し、この苦しみから保護者の方を解放し、歓喜に至るために展開される講座です。この歓喜を私は、本講座を通じて保護者の方と分かち合いたいと心から願っております。人生最大の感動と歓喜を実現する、本講座の受講を心よりお待ちしております。

河本敏浩先生

医学部専門予備校インディペンデント代表。教育評論家、小論文、面接、学習コーチング指導者。一人一人の個性を見極め、学力伸長を多角的にサポートする手腕に優れ、多浪に苦しむ医学部受験生や、偏差値50台から国立大学医学部を目指す受験生を毎年合格に導いている。保護者講演、教員講演も多く、受験生だけでなく、保護者、教員からの支持も絶大なものがある。

講座紹介

講座紹介

※ 配信開始日:2017年11月下旬

私立医学部の現役合格率は10%以下です。多浪当たり前の受験環境において、保護者の役割は非常に大きなものがあります。本講座では、現代の医学部受験事情、中高各学年の受験につながる学習ポイントを明示しながら、医学部を目指すお子様方を合格に導くサポートのあり方について具体的に解説してまいります。医学部受験は親子二人三脚となるのが基本です。それゆえ保護者の方には、コーチングの全容と実践法を、本講座を通じてぜひ知っていただきたく思います。

ユニット例


無料会員へ登録して特典映像をチェック!

無料会員登録をしていただくと、「保護者対象コーチング講座」の無理特典映像がご視聴いただけます。

STEP  1

会員登録(無料)を行う

STEP  2

マイページで講座を選ぶ

STEP  3

決済

STEP  4

受講開始

お申し込みの流れ詳細はこちら >

資料請求を
ご希望の方

学研医学部ゼミ スタンダードの詳しいパンフレットを無料でお送りします。