小論文の典型的な出題形式

よくある質問


講座の内容について

Q.「リライト」とは何でしょうか?
A.1つの問題についての答案に添削を受けたあとに、もう一度同じ問題についての答案を作成することです。
なぜこの「リライト」を行うかといえば、「アドバイスをふまえて、もう一度自分の力で書き直すというプロセスが、文章力を向上させる」と当講座は考えるからです。
Q.いつからでも受講は開始できるのですか?
A.はい。受講開始の時期は決まっておりませんので、お申し込みいただき、添削キットがお手もとに届いたらすぐに始めていただけます。
Q.最短でどのくらいの期間で受講を終えることができますか。
A.最短で3か月程度で受講を完了させることができます。
Q.試験日まで3か月しかありません。すべて提出できるでしょうか?
A.当講座は、1回の締め切りに2題まで提出できますので、3か月ですべて提出することは可能です。
Q.通常の添削はどのようなものですか?
A.手書きでご提出された答案は、丁寧に読み込んで手書きで添削を行います。添削を終えた答案は郵送にて返却いたします。送付から返却までおおよそ10日前後かかります。ただし郵便事情によってそれ以上にかかる場合もございます。ご了承ください。
Q.デジタル添削はどのようなものですか?
A.通常の添削と同様に、お客様には手書きでご提出いただきます。答案をデータ化し、添削指導者はパソコン上で文字を入力して添削を行います。添削を終えた答案はPDFファイル化し、メール添付にて返却いたします。
デジタル添削を希望されるかたは添削を提出後に登録フォームからメールアドレスのご登録を行っていただきます。 送付から返却までおおよそ1週間前後かかります。
Q.デジタル添削のメリットは何ですか?
A.データ化された答案を添削することにより、添削指導者および審査を行う添削指導者間の輸送日数、お客様への郵送日数が発生しないため、答案返却までの期間が短縮されます。最短で受講を終えたい方、添削された答案の早期返却を希望される方などには、添削サイクルの短縮となるメリットがあります。
Q.デジタル添削で対応できない添削はありますか?
A.テキスト、過去問の指定字数が1000字を超える場合の添削方法は、「通常の添削(手書きでの添削、紙の答案用紙)」となります。
Q.デジタル添削後に答案用紙は返却してもらえますか?
A.データ化した後の答案用紙は、用紙での返却を行っておりませんのでご注意ください。また、保管につきましても、個人情報保護の目的から、有効期限日(添削キット出荷日から1か年)もしくは受講終了日から3カ月経過した後、弊社にて適切に破棄処分をさせていただきます。
Q.通常の添削からデジタル添削などに変更することは可能ですか?
A.原則として受講コース終了まで同じ添削方法となります。いずれかの添削方法を添削返却時に選択していただきます。途中での変更は受け付けておりませんのでご注意ください。
Q.添削が返ってくるまで、どのくらいかかりますか?
A.「学研データサービス」到着後、添削方法により変わります。
①通常の添削は10日前後
②デジタル添削は1週間前後
Q.どのコースを選べばよいか、迷っています。看護・医療系の専門学校を受験しようと思っているのですが、小論文は一度も書いたことがありません。スタンダードコースを選べばよいのでしょうか?
A.看護・医療系(短大・専門学校)コースをお勧めします。
看護・医療系のコースをスタンダードコースと別にもうけているのは、難易度の違いではなく、出題傾向がはっきりしているからです。初めての方でも小論文が書けるように、添削指導をいたします。
Q.社会人入試で経済学部を受験しようと思っているのですが、スタンダードコースは社会人入試にも対応しているのでしょうか?
A.スタンダードコースは、高校生から社会人まで幅広く対応しています。スタンダードコースの特長は、社会科学系、人文科学系、教育学系などの幅広い分野にわたって課題の選択ができる点です。社会人入試で経済学部をご志望でしたら、スタンダードコースをお勧めいたします。
Q.志望校の過去問を添削してもらえますか?
A.志望校の過去問添削は1題のみ無料オプションとして添削が受けられます。メインテキストの課題と同様、1題についてリライト添削を含めて2回の添削が受けられます。ただし、過去問そのものはご自身でご用意していただく必要があります。
Q.過去問添削オプションは、どんな問題でも添削を行ってもらえますか?
A. 大変申し訳ありませんが、下記のような過去問の添削には対応しておりません。あらかじめご了承ください。
・本を1冊読んで問題に答えるような問題
・専門的な内容に特化した問題
・外国語の問題
ご不明点などございましたら、ウェブサイトの「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
Q.添削指導の先生はどのような人ですか?
A.高等学校教諭経験者や、予備校の小論文担当講師経験者などが、指導にあたっています。当講座の添削指導陣は、高校向け模試で、年間約60万枚の答案を添削する、経験豊富な添削指導陣でもあります。
Q.添削指導の先生とコミュニケーションをとる方法はありますか?
A.答案用紙に「受講生からのメッセージ・感想欄」があります。その欄をご利用いただいて、先生へのご質問やご要望を伝えることができます。
Q.添削の有効期限はありますか?
A.添削キットが出荷されてから1か年が答案提出期限となっています

受講の申込みについて

Q.受講料はいくらですか?  支払いはどのようにするのですか?
A.受講料については、こちらをご確認ください。
お支払いは、マルチペイメント(コンビニ決済)かクレジットカードを選択いただけます。
Q.海外での受講もできますか?
A.海外での受講はできません。
Q.申込み後に退会はできますか。
A.当講座は、途中での退会はできません。
Q.受講の途中で、別のコースに切り替えることはできますか。
A.当講座では、受講途中のコースの切り替えは承っておりません。
Q.受講の途中で、通常の添削からデジタルの添削に替えたい。
*デジタル添削した答案の返却について、PDFファイルから用紙での返却に変更を希望する場合も同様です。
A.原則として受講コース終了まで同じ添削方法となります。
ご不明な点などございましたら下記までご連絡ください。

株式会社 学研データサービス「 小論文個別指導講座」 添削指導係
Tel 03-5496-3032 受付:月~金 10:00 ~ 16:00(土日・祝日・年末年始を除く)

受講開始後のことについて

Q.お客様番号はどこを見ればわかりますか。
A.注文後に送られてくる「注文内容ご確認」メールに記載されております「注文番号」の数字の頭に「0(ゼロ)」を3つ足した8桁の番号となります。
Q.お客様番号を忘れました。
A.オンラインショップにログインしていただき、「マイページ」の「注文履歴」にご注文いただいた講座の注文番号がございますので、そちらをご確認ください。
オンラインショップ
Q.メインテキスト、サブテキストを申し込み忘れました。どうすればいいですか?
A.メインテキストとサブテキストはいずれも市販の参考書ですので、書店あるいはネット書店等でご購入ください。
Q.メインテキストのどの課題を選べばいいのか、わかりません。
A.添削キットに同封されている「総合ガイダンス」に、指定課題の一覧が載っています。志望校の出題傾向に合った課題をお選びください。
Q.一度の締め切りにいくつまでの答案を送ることができますか。
A.添削指導者は答案に丁寧に目を通して、添削指導を行うため、1度の締め切りに受付させていただく答案は2枚(2題)までとさせていただいております。
Q.「添削キット」が届いてからら3か月経ちましたが、まだ一度も答案を提出していません。今から提出しても大丈夫ですか?
A.当講座は受講期間内でしたら、いつでも提出できます。
Q.「小論文模試」は、メインテキストの答案をすべて提出しないと、申し込めませんか?
A.全部の答案を提出していなくても、受験できます。
「学研の小論文模試」の自宅受験は、添削期限内でしたらいつでも申し込めます。
Q.規定よりも短い期間で答案を返却してもらうことはできますか?
A.申し訳ありません。当講座は、規定の添削返却期間以外での返却は承っておりません。
Q.答案の評価はどのようになされているのですか。
A.評価の基準は、「学研の小論文模試」の採点ノウハウをもとにしております。また、答案の評価は、担当の添削指導者のほかに別の添削指導者の審査も行っております。公正な評価とするためです。
Q.受講期間を延長したい。
A.半年間の延長オプション(有料)を承っております。

◆受講期間の延長は、半年間延長 5,400円〔税込〕となっております。
受講期間の延長を希望される場合は、オンラインショップよりご購入いただけます。