看護・医療系の短大・専門学校の小論文を書く力を身につける

看護・医療系
(短大・専門学校)コース

誰かのためにある、自分であるために。

コース概要・対象者

通常の添削とデジタル添削

看護・医療系の短大・専門学校の小論文を書く力を身につけるコースです。合格できる小論文を書くための知識と発想の広げ方、文章の組み立て方を学びます。 メインテキスト(『看護・医療系の小論文 短大・専門学校受験用 新旧両課程対応版』)にある テーマ別の例題から6題を自由に組み合わせて、小論文を書く力を身につけていけます。

メインテキストを使った添削のほか「志望校の過去問の添削」(*注)を受けることができるので、実戦的な総仕上げをすることができます。

(*注 「志望校の過去問の添削」 →過去問の問題文は、ご自身でご用意する必要があります)

対象者

  • 看護・医療系の短大、専門学校で、小論文を課す短大、専門学校を受験する方

メインテキスト(別売)

メインテキスト:看護・医療系の小論文 短大・専門学校受験用 新旧両課程対応版(石関直子著/Gakken刊)
実戦的な構成になっており、看護・医療系で問われやすいテーマごとの攻略法を解説し、各テーマで問われやすい典型的な出題を例題としてあげています。解説を熟読し、例題を実際に書いて、さらに添削指導を受けることで、 説得力ある答案を作成する力をつけることができます。

メインテキストでとりあげている頻出テーマ

  • 「私」を論じるテーマってどう書くの?
  • 社会性のあるテーマってどう書くの?
  • 課題文がついていたらどこまで参考にするの?
  • ビジュアル問題ってどう解くの?
  • 私の受けたい学校、どれもあてはまらないんだけど

テーマ別の課題に取り組めるだけでなく、課題文型小論文、要約付課題文型小論文などへの対応力も磨くことができます。

  • メインテキストおよびサブテキストは添削キットとは別売りですのでご注意ください。
  • お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。
  • すでにお持ちの場合はお買い求めいただく必要はありません。

サブテキストのご紹介

看護・医療系コースでは、副教材として「小論文の時事ネタブックス」シリーズの 『小論文・面接の時事ネタ本 看護・医療・介護系編 三訂版』(森崇子著/Gakken刊)をおすすめしています。
看護・医療系の学校は、小論文を通して、 あなたが社会・医療への関心や一般常識についてどれぐらい知っているかを見ようとしています。そのため、よく問われる「時事ネタ」を一通り押さえておくことはたいへん有効です。
また、看護・医療についての背景知識をあらかじめ知っているか否かで、小論文を書く視点の鋭さや書いた文章の説得力も変わってきます

添削について

  • 添削キットの内容

    • メインテキスト用答案用紙(初回用) ・・・・・8枚(予備含む)
    • メインテキスト用答案用紙(リライト用) ・・・8枚(予備含む)
    • 過去問用答案用紙(初回用) ・・・・・・・・・2枚(予備含む)
    • 過去問用答案用紙(リライト用) ・・・・・・・2枚(予備含む)
    • 答案提出用封筒 ・・・・・・・・・・・・・・・14枚
    • 「学研の小論文模試」自宅受験申込書 ・・・・・ 1枚
    • 「総合ガイダンス」冊子 ・・・・・・・・・・・1部
    • 「指定課題一覧」 ・・・・・・・・・・・・・・1枚
    • 「デジタル添削のお申し込みについて」 ・・・・1枚
    • メインテキストは添削キットとは別売りですのでご注意ください。
    • メインテキストはお近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。
  • 添削指導の回数と添削サイクルについて

    添削指導の回数
    添削課題数
    6題
    添削指導の回数
    12回
    • 「リライト添削指導」についてはこちらを参照ください。
    添削サイクル

    添削会社に到着後、添削方法により変わります。
    ①通常の添削は10日前後
    ②デジタル添削は1週間前後

添削方法について

ご提出いただいた答案用紙は、添削指導者が丁寧に読み込んで添削を行います。添削方法は、「通常の添削」もしくは「デジタル添削」からお選びいただきます。

原則として受講コース修了まで同じ添削方法になります。答案の返却方法が異なりますので、下記の内容をよくお読みになったうえでいずれかの添削方法を選択していただきますようお願いいたします。

  • 「通常の添削」とは

    答案を添削指導者が丁寧に読み込んで手書きで添削を行います。添削を終えた答案は郵送にて返却いたします。

  • 「デジタル添削」とは

    通常の添削と同様に、お客様には手書きでご提出いただきます。答案はデジタルデータ化され、添削指導者がPC上で文字を入力して添削を行います。デジタル添削を希望されるかたは、ご提出の際に登録フォームからメールアドレスのご登録を行っていただきます。添削を終えた答案はPDFファイル化し、メール添付にて返却いたします。

    • PDFファイルは、第三者からの閲覧を防ぐためにパスワードをかけ、個人情報保護を徹底するためにも、ご氏名をふせた上での返却となります。
    • テキスト、過去問の指定字数が1000字を超える場合の添削方法は、「通常の添削(手書きでの添削、紙の答案用紙)」となります。

受講料・オプション

看護・医療系(短大・専門学校)コース
添削キット価格
49,396円(税込)

  • メインテキストは、添削キットとは別売りですのでご注意ください。
  • メインテキストはお近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。
  • 参考テキストの購入は任意です。

無料オプションについて

  • 1.志望校の過去問題*1を使った添削指導

    志望校の過去問1題の添削指導を受けることができます(無料)。

    添削指導の回数
    1題
    添削サイクル
    2回(リライト式添削を含める)

    *1:過去問はご自身でご用意ください。答案送付の際は、入試問題(過去問)のコピーを必ず同封してください
    指定字数が1000字以上となる場合は、答案用紙を2枚ご使用ください。また、その場合の添削方法は、デジタル添削はご利用いただけません。「通常の添削(手書きでの添削、紙の答案用紙)」となります。
    答案用紙は、添削キットに入っている「過去問用答案用紙(初回用・リライト用)」をお使いください。

    • 添削サイクルは、メインテキストを使っての添削指導と同じです。
    • 下記のような過去問の添削は対応しておりません。あらかじめご了承ください。
      ・本を1冊読んで問題に答えるような問題
      ・専門的な内容に特化した問題
      ・外国語で記述する問題 など
  • 2.「学研の小論文模試」の自宅受験

    年間のべ約60万人も受験している「学研の小論文模試」を自宅で受験できます(無料)。

    添削キットに入っている『「学研の小論文模試」自宅受験申込書』を使ってお申し込みいただくと、「学研の小論文模試」の1回分の模試をお送りいたします。

    模試のテーマは、「看護・福祉系」「医療系」「資料型」「法・経済系」など、12テーマから自由に選んで受験ができます。

    受験回数
    1題

有料オプションについて

  • 受講期間の延長(半年間延長 5,500円(税込))

    当講座の添削有効期限は、添削キットの出荷日から1か年以内です。受講期間の延長をご希望される場合は、「学研のプライム講座オンラインショップ」にて、受講されている講座の延長オプションをご購入ください。ご入金確認後から半年間有効となります。延長の場合、教材等の発送はございません。

コース詳細